FC2ブログ

期間限定特別展~仙台真田氏の名宝

宮城県南にある蔵王町にて、仙台真田氏の名宝特別展 が、
開催されております。

現在開催されております「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」に
合わせ、有名武将真田幸村に関する門外不出の品物が特別公開されて
おります。

※2012年4月21日~6月30日の、期間限定公開です。

仙台真田氏の名宝1会場

なぜ、宮城県で真田幸村なのか?
武勇で知られる真田幸村は、長野県上田市が拠点だったはず。
それを知るには、歴史をちょっと紐解く必要があります。。。


1615(慶長20)年、徳川方と豊臣方との決戦となった「大坂夏の陣」。
この教科書にも出てくる有名な戦で、豊臣方の勇猛な武将として有名
なのが「真田幸村」です。徳川家康を追い詰める程の激闘の末、討死
しました。

これで真田幸村の血脈は途絶えるはずでしたが・・・


交戦した、徳川方伊達軍の片倉重綱に密かに匿われ、次男「大八」と
3人の娘は、仙台藩白石城で養育されました。

一時的とはいえ、徳川家康を窮地に追い込んだ真田幸村の男子子孫で
ある「大八」は徹底的に秘匿され、元服後は片倉守信となります。
(一時期、真田性を復活しましたが問題があり片倉性を名乗る)


その後、正式に伊達家の家臣となり、現在の蔵王町に領地を与えられ、
真田の血脈は蔵王町で続く事となります。

真田幸村が戦死して約100年後の1712年、孫である「辰信」の代にて
「真田」性を公に名乗る事ができる様になったのです。
この真田家は「仙台真田家」と呼ばれています。


こうした歴史から、真田家と蔵王町は深い関係なのです。
その蔵王町で、真田家に伝わる貴重な品物が特別公開された訳です。


仙台真田氏の名宝2ございんホール

特別展「仙台真田氏の名宝」は、蔵王町役場の向いにあります、
ございんホールにて、6月30日まで開催されております。

ホール内の狭い展示室内ですが、無料にて貴重な品物を見る事ができます!


仙台真田氏の名宝3リーフレット
(クリックで拡大してご覧下さい)

撮影禁止のため、パンフレットの写真にて展示物をご紹介致します。

・真田幸村公肖像画
・片倉(真田)守信公肖像画
・真田幸村公所用六文銭旗・具足・采配・弓懸
・片倉守信公所用文箱・伊達忠宗公黒印状(領地あてがい状)

いずれも、仙台真田家に伝わる貴重な本物実物が展示されております。
真田幸村が大坂・夏の陣で着用したという、実物の甲冑は見ものです!

歴史ファン、歴女の方々、戦国BASARAファン必見間違い無しです!


仙台真田家と蔵王町については、こちらをどうぞ。
 > 真田の郷・蔵王町




仙台真田氏の名宝4白石鬼小十郎まつり

片倉家の居城であった白石城跡では、毎年10月に「鬼小十郎まつり」が
開催されますが、大坂・夏の陣にて真田軍と伊達(片倉)軍が交戦した、
「道明寺の戦い」が再現されます。興味のある方はどうぞ。。。

>過去記事はこちら> 白石城 第5回2012年 鬼小十郎まつり



~おまけ~


仙台真田氏の名宝5梨の花

蔵王町は、果物の栽培が盛んなところでもあります。
GW頃には、梨や桃の花が一面に咲き、華やかな果汁園が点在します。

仙台真田氏の名宝6梨・桃の花

仙台真田氏の名宝7桃の花


手軽に真田幸村を飾るなら~ミニ甲冑フィギュア


真田幸村を携帯したい方~鎧と家紋をあしらったストラップ




テーマ : 宮城県
ジャンル : 地域情報

第29回(2013年)仙台・青葉まつり~後編 すずめ踊りと山鉾

仙台、春の代表イベントである仙台・青葉まつり

前回、メインイベントである時代絵巻巡行の前半、青葉神社神輿渡御と、
政宗公本陣(武者行列)をご紹介致しましたが。。。

 > 第29回(2013年)仙台・青葉まつり~前編 時代絵巻巡行

今回はその続き、時代絵巻巡行の後半、すずめ大流し(すずめ踊り)と、
山鉾巡行を、ご紹介致します。


仙台青葉まつり2013~18唐獅子山鉾

時代絵巻巡行の先導隊に早々登場して来たのが、唐獅子山鉾(勝山企業)
です。獅子の顔は、眉毛・目・鼻・口どのパーツも凄い事になっております・・・


仙台青葉まつり2013~19すずめ踊り

すずめ踊りの団体も次々と披露されます。

仙台のすずめ踊りは、1603(慶長8)年、仙台城の新築移転の儀式の宴席で、
大阪は堺から来ていた石工が、即興で披露した踊りが始まりとされています。

はね踊る姿が、餌をついばむ雀の姿に似ており、さらに伊達家の家紋が「竹に雀」
であったことから「すずめ踊り」と名付けられ、石工たちによって踊り継がれて来ま
した。

戦後は徐々に衰退しましたが、仙台・青葉まつり復活とともに、すずめ踊りも復活
させる取り組みが始まり、今では多数の団体やチーム等が出来ました。

仙台青葉まつり2013~20お囃子

お囃子も、各団体ごとに演奏します。
団体ごとに衣装も工夫を凝らして異なり、衣装を楽しみ踊りも楽しんでいる感じです。


仙台青葉まつり2013~21政宗公山鉾

政宗公山鉾(仙台観光コンベンション協会)の山鉾です。
仙台市長・市議会議長・まつり協賛会長が乗り込んでおります。


仙台青葉まつり2013~22青葉駒山鉾

青葉駒山鉾(菓匠三全)は、巨大な仙台駒がメインキャラです。
お菓子屋さんらしく(?)綺麗なお嬢さん方に囲まれて登場です。


仙台青葉まつり2013~23政宗公兜山鉾

政宗公兜山鉾(日専連仙台)は、巨大な政宗の三日月兜が載った山鉾です。


仙台青葉まつり2013~24御神船山鉾

御神船山鉾(仙台水産)は、七福神を乗せた御神船となっております。


仙台青葉まつり2013~25囃子山鉾

囃子山鉾(NTT東日本)です。山鉾に乗った大勢の子供が、シャボン玉を飛ばします。
沢山のシャボン玉に包まれたファンタジーな(?)山鉾です。


仙台青葉まつり2013~26七福大太鼓山鉾

七福大太鼓山鉾(七十七銀行)です。他の山鉾と異なり、巨大な太鼓と、ふんどし姿の
打ち手が印象的な山鉾です。


仙台青葉まつり2013~27恵比寿山鉾

恵比寿山鉾(藤崎)は、百貨店らしく商売の神である恵比寿様の山鉾です。


仙台青葉まつり2013~28大鯛山鉾

大鯛山鉾(阿部蒲鉾店)は、めでたい真っ赤な大鯛がモチーフです。


仙台青葉まつり2013~29大黒天山鉾

大黒天山鉾(仙台の報道6社)は、縁起の大黒天様を搭載。


仙台青葉まつり2013~30雅山鉾

雅山鉾(JR東日本)は、お姫様を乗せた優雅な山鉾です。

こうして、山鉾の数は11台にもなります。


仙台青葉まつり2013~31すずめ踊り

山鉾を挟みながら、すずめ踊りの長い列が続きます。。。
本当に沢山の方が踊っており、1000人位踊っていると聞いたことがありますが、
もっと沢山いそうな勢いでした。

神輿に、大きな山鉾に、沢山の踊り手とお囃子。
祭のイメージそのままの、賑やかなお祭りでした!





仙台・青葉まつりの詳細は、以下公式サイトをご参照下さい。
 > 仙台・青葉まつり 公式サイト

青葉神社につきましては、以下過去記事をご参照下さい。
 > 青葉神社 伊達政宗を祀る神社
 > 厄祓い・・・青葉神社で祈祷して頂きました

 > ☆仙台のホテル・温泉宿の一覧はこちら


実在した仙台の福の神~仙台四郎


仙台の鉄板お土産菓子「萩の月」




テーマ : 仙台
ジャンル : 地域情報

第29回(2013年)仙台・青葉まつり~前編 時代絵巻巡行

仙台で、木々に青葉が生え揃う頃に開催されます仙台・青葉まつり

仙台では、夏の七夕まつり、秋の定禅寺ストリートジャズフェスティバル、冬の
仙台光のページェントと並ぶ、春の大規模な祭りです。

仙台青葉まつり2013~1定禅寺通り

仙台・青葉まつりは、毎年5月の第3日曜日とその前日の2日間に開催される、
仙台の祭です。

仙台青葉まつり2013~2勾当台公園

勾当台公園には沢山の屋台が並び、お祭り気分が盛り上がります。


仙台・青葉まつりの起源は、1655(承応4)年に始まった、仙台東照宮の祭り
「仙臺祭」です。

明治維新の影響から、明治時代になると変容し、青葉神社(伊達政宗を祀った
神社)の礼祭として行われる様になり、「青葉祭」とも呼ばれる様になりますが、
昭和40年代後半、交通事情等により途絶えます。

伊達政宗公没後350年を迎えた1985(昭和60)年、「仙台・青葉まつり」
として復活し、現在に至ります。


祭のメインイベントは、日曜日に行われる時代絵巻巡行です。

仙台青葉まつり2013~3時代絵巻巡行先頭

沿道は、開始30分前には見物客で埋まっておりました。
そのような中、時代絵巻巡行が始まります。
見どころをピックアップして・・・ご紹介致します。


仙台青葉まつり2013~4愛姫神輿

先導隊として、子供武者の後にやってきたのは愛姫神輿(めごひめみこし)
伊達政宗の正室であった愛姫(めごひめ)の御霊を乗せた神輿です。
愛姫も、政宗公と同じく青葉神社に祀られています。


仙台青葉まつり2013~5ふれ太鼓

ふれ太鼓が来ると、青葉神社神輿渡御の始まりです。
この太鼓、普段は青葉神社拝殿で使われているものと思います。


仙台青葉まつり2013~6仙台藩志会

仙台藩志会の厳かな行列です。
仙台藩の家臣の子孫の方々です。


仙台青葉まつり2013~7青葉神社神輿

政宗公の御霊を乗せた青葉神社神輿が、仙台中心街を巡行です。
神輿の重さは1t程あるそうです。


仙台青葉まつり2013~8青葉神社宮司

青葉神社の宮司:片倉重信氏です。
旧仙台藩家老である片倉家の第16代当主でもあります。
初代は、伊達政宗の「右眼」として有名な重臣であった片倉小十郎景綱です。

今年の節分、この片倉氏に厄祓いの祈祷をして頂きましたw



仙台青葉まつり2013~9長槍大弓隊

青葉神社の白装束を中心とした行列の次は、政宗公本陣(武者行列)です。
長槍隊と大弓隊が通過します。。。
なお、鉄砲隊は行列には入らず、定禅寺通りで鉄砲実演が行われました。


仙台青葉まつり2013~10伊達政宗

いよいよ主役である伊達政宗が、白馬に乗って登場です。

演じているのは、伊達家の第18代当主の伊達泰宗氏です。
本物のお殿様の登場に、歴女である娘のテンションは最高潮に・・・!


仙台青葉まつり2013~11片倉小十郎景綱

片倉景綱(通称:小十郎)です。

幼児期より伊達政宗と共にし、伊達家家臣の筆頭として、特に外交面で活躍し、
豊臣秀吉や徳川家康から大名に準じた扱いを受けた名将でした。
白石城の初代城主でもありました。


仙台青葉まつり2013~12伊達成実

伊達成実です。

伊達政宗の従兄弟であり、伊達軍の中核として数々の武功を挙げた重臣です。


仙台青葉まつり2013~13支倉常長

支倉常長が、サン・ファン・バウティスタ号を模した山鉾にて登場。

伊達政宗の命により、メキシコを経由し~日本人として初めて大西洋を渡り、
スペイン、ローマへ行った武将です。

ちなみに。。。日本人で初めて油絵に描かれ、日本人で初めてチョコレートを
食べた人なんですw


仙台青葉まつり2013~14家臣団

伊達家家臣団の行軍です。
岩出山武者隊による、大人数の鎧姿は見応えあります。


仙台青葉まつり2013~15片倉真田

片倉家第2代目であり、大坂夏の陣で武功を挙げた片倉重長と、真田幸村
(信繁)と、その軍勢です。

真田幸村が戦死する直前、次男・守信と、三女・阿梅が片倉重長に保護され、
仙台真田家として血筋が続く事になった事から、片倉(伊達)家と真田家は
深い関係にあります。


仙台青葉まつり2013~16上杉武将隊

伊達政宗の出生地である米沢より、上杉武将隊も登場です。


仙台青葉まつり2013~17上杉武将隊

奥から直江兼続・上杉景勝・上杉謙信・宇佐美定満の上杉武将隊です。


仙台・青葉まつりの時代絵巻巡行(青葉神社神輿、政宗公本陣)の様子でした。
まだまだ紹介しきれない程のボリュームなので、全ては紹介できずスミマセン・・・。


仙台・青葉まつりの詳細は、以下公式サイトをご参照下さい。
 > 仙台・青葉まつり 公式サイト

青葉神社につきましては、以下過去記事をご参照下さい。
 > 青葉神社 伊達政宗を祀る神社
 > 厄祓い・・・青葉神社で祈祷して頂きました


時代絵巻巡行の続き・・・すずめ大流し~山鉾巡行を次回ご紹介致します。





 > ☆仙台のホテル・温泉宿の一覧はこちら

有名店の仙台名物牛タンを送料無料で。


仙台地元グルメの「ずんだ」最近はスイーツとして人気。



テーマ : 仙台
ジャンル : 地域情報

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ