FC2ブログ

廃線くりでん 若柳駅跡の鉄道公園

くりでん・・・宮城県北部を走っていたローカル鉄道です。

細倉鉱山から鉱物を輸送するため、大正10年(1921年)に開業した栗原電鉄

その後、赤字により平成7年(1995年)第三セクターくりはら田園鉄道として
再出発しますが、平成19年(2007年)に廃止となりました。

栗原電鉄・くりはら田園鉄道~どちらも略してくりでんと呼ばれていました。

くりでんの本社、車庫があった中心駅である若柳駅(わかやなぎえき)
廃線後の現在は、くりでん施設を保存する公園として整備されました。
今回は、この若柳駅のレポートです。


現在の若柳駅舎です。
沢辺駅の建材等を利用し、大正時代開業時の姿にリフォームされました。

くりでん若柳駅1


広い若柳駅の敷地は、現在は県道が貫通し二分されてしまいました・・・。

くりでん若柳駅2


この道路沿い、若柳駅北側に、わかやなぎ農産物直売所くりでんがあります。
こちらに駐車し、保存された若柳駅を見学できます。

くりでん若柳駅3わかやなぎ農産物直売所


直売所からは、保存公園となった若柳駅の構内と、保存車両を見る事が
できます。

くりでん若柳駅4


東側から若柳駅を望みます。
弱々しい古い線路、駅に佇む車両・・・保存用の屋根が掛かっていますが、
昔のままの駅の様子を伺う事ができます。。。

くりでん若柳駅5


若柳駅の東側に残る、貨物駅と倉庫
昔は、ここから米を満載した貨物列車が出発していたんですね~。

くりでん若柳駅6貨物駅跡


今では貴重な存在となった腕木信号。
廃線後に始まった体験乗車運転の為に復活しました!
駅からワイヤーが張られ、実際に動作します。

くりでん若柳駅7腕木信号


駅舎は、体験乗車運転日のみ開放されるため、今回は入れませんでした><
窓から駅舎内を撮影^^;;;

味のある木の机が並び、奥にはタブレット閉塞機が見えます。

くりでん若柳駅8


駅前に残る栗原電鉄本社の建物。
今は空家になっている様ですが、歴史を感じる建物です。

くりでん若柳駅9栗原電鉄本社


駅に保存されている、くりはら田園鉄道のKD10レールバス。
通学時間帯の混雑対策として、名古屋鉄道よりやって来ました。

くりでん若柳駅10KD10


くりはら田園鉄道の主力であった、KD95気動車。
エンジ色の車体、車内は宮城県産の木材が多用され、落ち着いたお洒落な車両です。

くりでん若柳駅11KD95


左側の小さい機関車はDB10、右の車庫に入っている電車はM15型電車。
どちらも栗原電鉄時代の車両です。

くりでん若柳駅12M15・DB10

車両は現在、化粧直し(再塗装)が行われていました。
全体が見れない車両もあり、ちょっと残念ですが・・・暖かくなる頃には化粧直しも
完了し、営業運転していた頃の姿を見れるようになるでしょう。


ホーム側から見た若柳駅舎。
こういうローカルな駅が、妙にそそられるんです(汗)

くりでん若柳駅13


道路の向かい側に残る年代物の車庫
線路は、残念ながら撤去されていました。。。

くりでん若柳駅14車庫




若柳駅の北側に隣接した、わかやなぎ農産物直販所くりでんです。

くりでん若柳駅15農産物直販所


地元直送の野菜や、地元の菓子等のお土産を販売しています。
食堂もあり、食事をする事もできます。

くりでん若柳駅16農産物直販所

しかしながら、どこにでもある野菜直売所と変わりありません・・・
せっかく「くりでん」保存公園にあり店名にもなっているのですから、くりでんに
関する展示物だったりアイテム等を揃えてほしいところ・・・ちょっと残念です。


そんな中、店員さんが昔撮影した、栗電の貴重な写真が数枚展示されていました。
店員さんの許可を得て、その写真を撮影しました。

古き良き時代の栗原電鉄若柳駅です(昭和50年代との事)。

くりでん若柳駅17電鉄時代


栗原電鉄で、「寅さん」で有名な映画「男はつらいよ」のロケが行われた様子の
貴重な写真です。

くりでん若柳駅18映画ロケ


車両の化粧直しの為中断しておりますが、定期的に動態保存運転を行なっており、
試乗(500m走行)できるイベントが行われています。
イベント日は、駅舎や構内に入る事ができ、タブレット交換や腕木信号の作動等、
全滅した鉄道施設を見る事もできます。

今年は6月頃から行われるらしいのですが・・・。

是非とも、試乗イベントへ行って、昭和時代の鉄道を体験したいですね。


~追伸~
旧若柳駅で開催される「くりでん乗車会」につきましては、以下の記事に
最新情報を掲載しております。是非こちらもご覧下さい。

> 廃線くりでん 保存されている旧若柳駅の乗車会へ行って来ました





もう一箇所、くりでんの駅が保存されております。そのレポートはこちら♪
> くりでん 細倉マインパーク駅跡を訪ねる

くりでんの詳細はこちら
> くりはら田園鉄道・栗原電鉄の特集

Travel.jp[たびねす]昭和レトロな廃線「くりでん」列車やレールバイクに乗ろう~宮城栗原
たびねすくりでん1
旅行のナビゲートサイト「たびねす」に掲載されております、右肩が書いたガイド記事です。
併せて是非ともご覧下さい!(画像をクリックすると開きます)。




テーマ : 駅の風景
ジャンル : 旅行

会津若松 飯盛山 幕末白虎隊の地

高速道路無料措置が終わる前に・・・福島県の会津若松へ行って来ました。

福島県会津若松市にある飯盛山(いいもりやま)と言えば、
白虎隊(びゃっこたい)で有名な所です。


幕末1868年に勃発した戊辰戦争により、東北の会津でも、新政府軍と
幕府勢力である会津藩との戦闘がありました。

その際に、16歳から17歳の武家の男子によって構成された白虎隊も、
戦闘に投入されましたが、敗走し残った20名が、飯盛山にて自刃したと
いう悲しい出来事があり、白虎隊と飯盛山は有名となりました。


飯盛山の入口です。
奥に見える山が飯盛山(標高314m)で、手前には土産屋が並びます。

会津若松飯盛山1

土産店の中を進み、飯盛山へ進みます。

会津若松飯盛山2


飯盛山の案内図です(クリックで拡大)。

・赤矢印「楽な参拝ルート」に沿ってレポートします。

会津若松飯盛山3案内板

動く歩道(有料)または、並行する階段(急で長い^^;)を利用すれば、
白虎隊の墓地へ直行できます。

会津若松飯盛山4動く歩道


白虎隊記念館です。
白虎隊をはじめ、戊辰戦争等に関する展示を行なっています(有料)。

記念館の前には、白虎隊の像もあります。

会津若松飯盛山5白虎隊記念館


厳島神社です。神社の参道を通って飯盛山を登ります。

会津若松飯盛山6厳島神社


厳島神社の拝殿です。

会津若松飯盛山7厳島神社


厳島神社の左側に、戸ノ口堰洞穴があります。

猪苗代湖の水を会津若松へ通すために掘られた、150mの洞穴です。
白虎隊は、この洞穴を通って、飯盛山中腹にある厳島神社へたどり着きます。

会津若松飯盛山8戸ノ口堰洞穴


神社から墓地へ行く途中にさざえ堂があります。

仏堂として江戸時代後期に建築されたもので、高さ16.5mで六角形の木造です。
堂内は回廊となっていて、順路に沿って観音が配置されており、堂内を進むだけで
巡礼が叶う構造となっています。

会津若松飯盛山9さざえ堂

会津若松飯盛山10さざえ堂

堂内は、二重らせん構造の斜路が続き、右回りに上る斜路と、左回りに下りる斜路が
別々にあります。
ですので、入口から斜路を最上階まで上り、他者とすれ違うことなく、別の斜路を降
りて出口から出ることができるという不思議な構造が特徴です。

螺旋構造や、外観がサザエに似ていることから、さざえ堂と呼ばれています。

会津若松飯盛山11さざえ堂


さざえ堂の横にある宇賀神です。
白虎隊の霊像が納められています。

会津若松飯盛山12宇賀神


自刃した白虎隊19名の墓地です。

会津若松飯盛山13白虎隊墓地


1名は自刃したものの生き残りました。その方の墓もあります。
この方が語った事により、白虎隊の悲しい物語が発覚したのです。

会津若松飯盛山14白虎隊墓地


白虎隊が自刃した所です。

会津若松飯盛山15白虎隊自刃の地

洞穴からこの高台までやってきた白虎隊は、炎に包まれている鶴ヶ城を見る事となります。
(実際は、城下町が燃えており、城が燃えている様に見えたという)。

しばらくの談合の後、敵の手に掛かることを拒み、最後まで会津の武士らしくあろうとした
少年達は、鶴ケ城に向けて姿勢を正し、一礼してから次々に自刃したという。


高台から望む会津若松です。
街中に緑の帯の様に見える場所に、鶴ヶ城があります。

会津若松飯盛山16鶴ヶ城遠望

鶴ヶ城をアップで。

会津若松飯盛山17鶴ヶ城遠望


飯盛山の無料駐車場です。
観光案内所とトイレがあります。

会津若松飯盛山18駐車場



次回は、会津若松城(鶴ヶ城)を紹介致します。


☆会津若松近郊~東山温泉の検索はこちら
☆会津若松から南へ車で20分~芦ノ牧温泉の検索はこちら

Travel.jp[たびねす]空腹で乗り込め!満腹必至の会津若松ご当地B級グルメ3品!
たびねす会津グルメ3品1
旅行のナビゲートサイト「たびねす」に掲載されております、右肩が書いたガイド記事です。
併せて是非ともご覧下さい!(画像をクリックすると開きます)。




テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

立派な天守閣が復元されている~会津若松城(鶴ヶ城)を訪問

会津若松と言えば、まず思い浮かぶのが鶴ヶ城(つるがじょう)です。

現在の天守閣は、1965年(昭和40年)に鉄筋コンクリート造により再建された
もので、5層の太守は、東北での城跡としては最大級ではないでしょうか?

自称「歴女」の娘のリクエストにより(汗)、鶴ヶ城(会津若松城)へ行って来ました。

会津若松鶴ヶ城1

1384年、葦名直盛が黒川城(後の鶴ヶ城)を創営し会津の歴史が始まりました。
その後、伊達・蒲生・上杉・保科・松平と数多くの大名が居城しました。

幕末の戊辰戦争では、旧幕府派(東軍)として最後まで抵抗したため、激しい戦場と
なりました。

~~~

水を満たした外堀を渡って、本丸へ入ります。
外堀を埋める様に桜の木があり、開花したらさぞかし綺麗な事でしょう!
当然ながら花見の名所でもあります。

会津若松鶴ヶ城2


巨大な石垣の間を本丸へ向かいます。
奥に天守閣が見えます。。。

会津若松鶴ヶ城3


本丸へ登って来ました。
5層の立派な鶴ヶ城が、目の前に現れました。かなりデカいです。

2011年(平成23年)。黒瓦だった天守の屋根瓦を、明治時代に解体される以前の
赤瓦葺に復元されました。

会津若松鶴ヶ城4

よく見ると、屋根が赤っぽく見えます。
冬に多発する瓦の破損を防ぐ為、鉄分を多く含んだ赤っぽい瓦が使われたとの事で、
この赤い瓦を復元した訳です。


本丸の天守閣前です。
芝生が綺麗な広場ですが、昔は城の屋敷が立ち並んでいました。

会津若松鶴ヶ城5本丸


天守閣の北側に鎮座する稲荷神社です。

会津若松鶴ヶ城6稲荷神社


天守閣へは、東側に入口があります。
ここで入場券を購入します。

会津若松鶴ヶ城7


入場券を入手したら、いよいよ入城です!

会津若松鶴ヶ城8


入城すると、まずは大きな売店があります。
会津のお土産品が勢揃いしております!天守閣を見学後もこちらへ戻ってくるルート
ですので、後でゆっくり品定めできます。。。

会津若松鶴ヶ城9売店


場内は、こんな感じの資料館となっています。
大部分は撮影禁止ですので・・・撮影できる場所で撮った写真です。

会津若松鶴ヶ城10城内


最上階は、展望台となっています。

会津若松鶴ヶ城11天守閣


外に出て、城下町を見渡す事もできます!

会津若松鶴ヶ城12天守閣


会津若松の中心街の眺望です!
盆地ですので、高い山々に囲まれているのですが、その山々も綺麗です。

会津若松鶴ヶ城13眺望


2001年(平成13年)に復元された、干飯櫓(ほしいやぐら)南走長屋です。
2010年に復元された、赤い瓦屋根を確認できます。

赤い瓦の城は、沖縄の首里城と鶴ヶ城ぐらいだそうで、貴重な存在ですね。

会津若松鶴ヶ城14走長屋


椿坂(北側入口)です。敵の侵入を遅らせる、入り組んだ石垣を確認できます。
石垣へ兵が昇り降りする武者走りが手前に残っています。

会津若松鶴ヶ城15武者走り椿坂


鶴ヶ城の案内図です(クリックで拡大)。

会津若松鶴ヶ城16案内板



広い敷地、立派な石垣や外堀、5層の天守閣。。。
東北では、復元されている城では最大規模の見応えある城跡です。

また、山間の盆地である会津は独特の文化があり、民芸工芸品から食べ物まで、
他の土地には無い魅力が沢山あります。

右肩的には、会津はオススメの旅先ですね!
今回は日帰りでしたが、是非とも宿泊しながらゆっくり周りたいものです。。。

☆会津若松近郊~東山温泉の検索はこちら
☆会津若松から南へ車で20分~芦ノ牧温泉の検索はこちら

☆鶴ヶ城(会津若松城)の詳細はこちら
> 会津若松市観光公社 鶴ヶ城公式サイト

Travel.jp[たびねす]空腹で乗り込め!満腹必至の会津若松ご当地B級グルメ3品!
たびねす会津グルメ3品1
旅行のナビゲートサイト「たびねす」に掲載されております、右肩が書いたガイド記事です。
併せて是非ともご覧下さい!(画像をクリックすると開きます)。








テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ