スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石城内のお伊勢さん 神明社を参拝

神明社(しんめいしゃ)は天照大神を主祭神とし、伊勢神宮(三重県伊勢市)を総本社とする
神社です。

伊勢神宮は神社本庁の本宗とされ、最近は日本随一のパワースポットとして有名ですね!

その「お伊勢さん」の分社である神明社が、宮城県白石市の益岡公園(ますおかこうえん)
内にあります。

白石神明社1


神明社の入口の鳥居です。
それと同時に、白石城の厩口門(うまやぐちもん)でもあります。

白石神明社2

元白石城の厩口門(うまやぐちもん)は、現在は移築されています。

白石神明社3


参道(兼、城・公園の入口)を登って行きます。

白石神明社4


神明社の敷地に入ります。元白石城の二の丸にあります。
この冬一番の寒波で雪に覆われています。。。

白石神明社5


神社山門です。
伊勢神宮の第60式年遷宮で解体された内玉垣御門の一部を下賜せられたもの。

日本一のパワースポットと言われる「伊勢神宮」の一部が、つまりここにある訳です!!

白石神明社6


拝殿(本殿)です。
一般的な大社造りではありませんが、武家代々の庇護を受けてきた為か、質素な佇まい
ながらも風格を感じます。

拝殿の脇には、小さな天満宮も建っています

白石神明社7


境内からは、復元された白石城が見えます。。。

白石神明社8


白石城の天守閣から撮影~~。
逆に、神明社を望む事ができます。本当に城に隣接した神社である事が分かります。

白石神明社9


~~~

神明社は、807年の平安時代に、坂上田村麻呂が創建したと伝えられています。

時の領主である、藤原秀衡、蒲生氏郷、上杉景勝などに崇敬され庇護されて来ました。

1600年。伊達政宗が白石城を攻め落とし、その先鋒であった片倉小十郎が白石の地
を与えられてからは片倉家の崇敬社となり、社殿の造営や修復が同家で行われるように
なりました。

明治32年に起こった白石大火で社殿のほとんどが焼失しましたが、明治33年に現在
の場所に本殿を造営し、同39年に拝殿を造営し復活。現在の社殿は昭和10年に改築
されたものです。

伊達政宗公(神号:武振彦命)、片倉小十郎景綱公(神号:奇敏鎌刈田彦命)も合祀さ
れています。


神明社の公式サイトはこちら!
> 白石の鎮守 神明社


元々白石城(益岡城)があった益岡公園。
次回以降、順次紹介致します!


~追伸~

お陰様で、当へっぽこブログも、今回で100記事を達成しましたっ!!
今後とも、宜しくお願い申し上げます☆(^^)☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Comment

非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。