蔵王ハイラインで~蔵王連峰の屋根~御釜へ 

宮城県と山形県の間にそびえる蔵王連峰(ざおうれんぽう)

この「蔵王」で一番の観光名所が、頂上付近にある御釜(おかま)です。

これまで3回に渡って紹介した蔵王エコーラインから。。。

 > 蔵王エコーライン走行記 前編 遠刈田温泉から賽ノ磧まで
 > 蔵王エコーライン走行記 中編 駒草平からお釜入口まで
 > 蔵王エコーライン走行記 後編 県境から上山口~おまけに蔵王温泉まで

さらに蔵王ハイラインを通って、御釜(お釜)へ向かいます!

蔵王ハイライン御釜1お釜


蔵王を横断する観光道路「蔵王エコーライン」の最高地点である刈田峠付近から、
さらに山を登っていく蔵王ハイラインの入口があります。

▽宮城県側から撮影~~蔵王ハイラインは、右側の道路を上がって行きます。
蔵王ハイライン御釜2ハイライン入口


料金所です(画像ピンボケしています・・・汗)
蔵王ハイラインは、宮城交通が運営している観光有料道路です。
標高1,750mの頂上付近まで、全長2.5kmの道路です。

蔵王ハイライン御釜3ハイライン料金所

◎蔵王ハイライン料金(往復通行料・駐車場料)
 ・普通車:520円
 ・二輪車:370円
※冬期は閉鎖されます・・・通行可能期間は、以下サイトにてご確認下さい。
> 宮城交通 蔵王ハイライン案内ページ


周りは空しか見えない高山を、さらに登って行きます。。。
空は曇っていますが、雲が無ければ真っ青な空と、眼下の景色は素晴らしい
事でしょう。

蔵王ハイライン御釜4


ゆっくり走って5分程度で終点~~頂上の駐車場へ到着です。
警備員の方が誘導してくれます。
広い駐車等が複数ありますが、GWや紅葉シーズンは車が溢れて、蔵王エコー
ラインから渋滞します・・・。

蔵王ハイライン御釜5駐車場


駐車場の目の前には、県営の蔵王山頂レストハウスがあります。
路線バスで来る事もできます。

蔵王ハイライン御釜6蔵王山頂レストハウス


レストハウスの横を通り、遊歩道を登っていきます~♪

蔵王ハイライン御釜7


遊歩道の先に展望スペースがあり、蔵王山頂付近の名所を一望できます!

まずは、一番の有名スポットお釜と、その側面の五色岳(標高1,674m)です。

蔵王ハイライン御釜8お釜

お釜は、蔵王連峰の刈田岳・熊野岳・五色岳に囲まれた円型の火口湖です。
釜状の形から「御釜」という名前がつきました。

湖面は、天気により色彩を変え、別名「五色沼」とも呼ばれます。一般的には、
エメラルドグリーン色に例えられます。
冬の樹氷と共に、蔵王の象徴となっています。

蔵王は、これまで26回の噴火を繰返し、最後の噴火は明治28年2月15日
でした。
お釜は、昭和43年に測量されており、最大深度27.6m、周囲1,080m、東西径
325m、南北径325 mです。

湖水は強酸性のため生物は生息できません。
水温は、表面から十数mの深度で摂氏2度まで下がり、それより深度を増すと逆に
温度が高くなる特殊双温水層で、世界でも例がない湖です。


お釜の奥に見える山は、蔵王連峰最高峰である熊野岳(標高1,841m)です。

蔵王ハイライン御釜9熊野岳


お釜や熊野岳と反対方向にある山は、刈田岳(標高1,758m)です。
遊歩道を少し歩けば、頂上へ行く事ができます。

蔵王ハイライン御釜10刈田岳


刈田岳の頂上には、刈田嶺神社があります。

歴史は大変古く、680年に権現社(現在の刈田嶺神社)が草創され、690年に
金剛蔵王大権現を勧請し、これが「蔵王」の名の起源になります。

以降、修験道の山として栄え、熊野修験の信者からは、吉野・大峰山に対して「東
のお山」と呼ばる程でした。

◎御祭神 天之水分神(アメノミクマリノカミ)・国之水分神(クニノミクマリノカミ)
 遠刈田温泉郷に、里宮の刈田嶺神社があり、御神体は冬期には里宮へ移されます。

蔵王ハイライン御釜11刈田嶺神社


刈田嶺神社前の山頂付近は、何箇所も石が積み上げられた独自の光景が広がります。

蔵王ハイライン御釜12刈田岳山頂


刈田岳山頂である、刈田嶺神社の前から見下ろした「お釜」です。

蔵王ハイライン御釜13刈田岳山頂


さて・・・寒いので・・・蔵王山頂レストハウスに戻る事にします。

蔵王ハイライン御釜14蔵王山頂レストハウス


1階には、広い休憩スペースがあります。
トイレや自販機も完備されています。

蔵王ハイライン御釜15蔵王山頂レストハウス


スナックコーナーです。
寒いので・・・夏でも暖かいものが売れます(笑)

蔵王ハイライン御釜16蔵王山頂レストハウス売店


もちろん、お土産屋さんもあります!

蔵王ハイライン御釜17蔵王山頂レストハウス売店


2階は、広い食堂があります。
山頂の絶景を見ながら、食事を楽しめます。

蔵王ハイライン御釜18蔵王山頂レストハウス食堂

この様に山頂にて。。。観光から休憩・食事・買い物まで満たす事ができます。
夏でも寒い位なので、長袖を1枚多く持って行きましょう!!


~おまけ画像~


刈田岳から、渓谷の下流を見ると、駒草平の駐車場が遠くに見えました。

蔵王ハイライン御釜19刈田岳から駒草平


レストハウスから熊野岳へ向う遊歩道です。
遊歩道は途中までで、登山道を登って~蔵王最高峰へ登って行きます。
(熊野岳へ登る際は、当然ながら登山装備にてお願いします^^;)

蔵王ハイライン御釜20熊野岳

長々と画像20枚も貼って書いてしまい、申し訳ございませんでした・・・。
地元の有名観光地なので、力入ってしまいました(汗)ご覧頂き感謝です。

綺麗な景色が見れますので、是非とも皆様お越し下さいませ(^^)

> 蔵王町観光協会(お釜・ハイライン・エコーラインの紹介あり)

> ☆宮城蔵王 遠刈田温泉宿の検索はこちらからどうぞ
> ☆山形蔵王 蔵王温泉宿の検索はこちらからどうぞ



蔵王の地名の由来となった、金剛蔵王権現像ミニチュアです(笑)


みやぎ蔵王高原の乳製品を代表するクリーミースプレッド。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

Comment

やっぱり蔵王

行けなかったのが悔やまれます。
いつかまた東北に行けたら必ず訪れないとと思います。

自由人さん

近いのでいつでも行けると思い、きちんと訪問していなかった蔵王。

こうしてドライブしてみると、地元にも良い観光地がある事を再認識
した次第です(汗)

機会がありましたら、是非ともお越し下さいませ(^^)
非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ