スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠刈田温泉 刈田嶺神社・新地こけしの里

蔵王連峰、宮城県側の玄関口である遠刈田温泉(とおがったおんせん)


遠刈田温泉1案内板

今回は、この遠刈田温泉をちょっと散策です。

遠刈田温泉2中心部

遠刈田温泉は、温泉街が形成されています。その温泉街の中心地がこちら。
公園?広場?空き地??そんな不思議な空間となっています・・・。

前回紹介した共同浴場「神の湯」から撮影しました。
 > 遠刈田温泉 共同浴場「神の湯」ご入浴です♨


遠刈田温泉3蔵王通り

メイン通りである蔵王通り
温泉旅館や飲食店、土産屋等が並び、温泉街らしい雰囲気です。
観光シーズンには、蔵王へ向かう車で渋滞します^^;

遠刈田温泉の開湯は、約400年前~戦国時代末期の1601(慶長6)年と言わ
れています。
江戸時代から、蔵王連峰の刈田岳山頂にある蔵王権現(刈田嶺神社:奥宮)への
登山宿場町・湯治場として発展。近年は、蔵王への玄関口として賑わっています。


その、刈田嶺神社(里宮)が、遠刈田温泉にあります。
街の中心部、共同浴場「神の湯」の奥にあります。

遠刈田温泉4刈田嶺神社鳥居

立派な鳥居には「蔵王大権現」の文字。最近建て替えられた様です。
鳥居の横には、温泉源泉の大きなタンクがあります。


遠刈田温泉5刈田嶺神社鳥居

すぐに、歴史を感じさせる石柱の、2つめの鳥居があります。
「刈田嶺神社」と書かれた表札(?)は、山の形になっていますね。


遠刈田温泉6刈田嶺神社境内

刈田嶺神社の境内です。拝殿が奥に見えます。
右側に、民家の様な社務所と授与所があります。

刈田岳山頂の刈田嶺神社(奥宮)にある御神体は、雪深く山に入れない冬期は、
ここの里宮に移されます。

刈田嶺神社(奥宮・刈田岳山頂)は、以下過去記事をご覧下さい。
 > 蔵王ハイラインで~蔵王連峰の屋根~御釜へ




遠刈田温泉は、こけし造りが盛んなところでもあります。
街のシンボルである遠刈田大橋にも、こけしの像が立っています。

遠刈田温泉7こけし橋


温泉街から、遠刈田大橋を渡って右折すると、みやぎ蔵王こけし館という
観光施設があります。

遠刈田温泉8みやぎ蔵王こけし館

入口にも巨大なこけし。。。遠刈田はこけしだらけです・・・。


遠刈田温泉9みやぎ蔵王こけし館

遠刈田伝統こけしをはじめ、全国のこけしや木地玩具等約5000点が展示されて
います。また、こけし作製実演や販売コーナーもあり、こけしの絵付け体験をする
こともできます。

詳細は、以下公式サイトをご参照下さい。
 > みやぎ蔵王こけし館


こけしは、江戸時代末期頃から、東北地方の温泉地で湯治客に土産物として売ら
れるようになった木製の人形玩具です。
大正時代頃より、大人の収集の対象になり、現在では鑑賞品というイメージですね。

昔から作られているこけしは、伝統こけしとして東北で10系統程に分類されている
様です。こけしが好きな方々が全国に沢山おられる様で、そういった方々には東北
の温泉地は聖地の様なものなのでしょうか。。。

【遠刈田】3寸こけし

【遠刈田】3寸こけし
価格:1,260円(税込、送料別)


こけし蒔絵 姫手鏡 (玉虫塗)

こけし蒔絵 姫手鏡 (玉虫塗)
価格:756円(税込、送料別)



こけしの発祥については解明されていないそうですが、宮城が一番早かったという
説が有力です。宮城の中でも遠刈田が一番早かったという説が多々あります。

遠刈田温泉には、こけし工人が集まった集落があり、この集落がこけし発祥の地で
あるとも言われています。
それが、新地こけしの里と呼ばれている集落です。


遠刈田温泉10新地こけしの里

遠刈田温泉街より遠刈田大橋を渡り、少し山を登ったところに集落へ入る入口があり
ます。国道457号線より右折します。


遠刈田温泉11新地こけしの里

細い道路沿いに、こけし工人の家が数件点在しております。
静かな森の中で、昔の田舎の集落を彷彿とさせる、落ち着いた所です。
ちなみに、この集落は皆「佐藤」さんなんですよw


遠刈田温泉12新地こけしの里

工人の家は製作所も兼ねており、ここで伝統こけしが造られています。
製作しているところを生で見れるのはもちろん、絵付け体験や販売も行っています。

写真の様に、茅葺き屋根の風情ある木工所もあります。




遠刈田温泉13蔵王連峰と松川

締めに。。。みやぎ蔵王こけし館入口付近より~蔵王連峰と松川の風景です。


 > ☆遠刈田温泉~ペンションから高級宿まで~温泉宿の一覧はこちら





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

Comment

No title

「こけし」って宮城県発祥だったんですね。

子供の頃から見てはいたもののどこの物かなど考えた事もなく、鳴子で「こけしの里」だったかを目にし、ちょっと意識し掛けてました。

No title

秋保温泉ばかり調べていたので、
遠刈田温泉に目が留まりませんでした。
こちらも魅力的な温泉ですね。
佐藤さんの集落も歩いてみたいです。

話は変わりますが、
「純米大吟醸 きらめきのしずく」というお酒をいただきました。
フルーティーでほんのり甘口・・なのでしょうか。
おつまみが要らない、優しい味のお酒でゴザイマシタ(^^)v

コメントありがとうございます!

>自由人さん

こけしは、宮城発祥らしいです・・・正式な記録がある訳では無いので、推測の
域を出ない様ですが・・・。
自分もこけしに興味がある訳ではないのですが、全国どこにでもある工芸品
だと思っていたら、伝統的なものは東北のみと知って、ちょっとビックリしました。

>ネイビーminiさん

遠刈田温泉付近は、温泉だけではなく高原リゾートでもあり、蔵王の玄関口
でもあり、見所が多い温泉地です。機会があれば是非!

「純米大吟醸 きらめきのしずく」は宮城のお酒なのでしょうか?
フルーティーでほんのり甘口でしたら、酒に強くない自分にも飲めそうです^^;
仙台へお越しの際には、日本酒もお楽しみ下さい♪

No title

お酒の話ですが、
宮城県 登米市石越町にある《石越醸造株式会社》の商品のようです^^
「澤乃泉」というお酒の方が有名なのかもしれません。
お酒・・はい。。いただきすぎないよう気をつけます(^^;

ネイビーminiさん

石越のお酒ですか~コメントありがとうございます。

すいません。。。日本酒は詳しくないので。。。蔵元はご紹介できません(汗)
宮城は米どころですので、美味しい日本酒が色々ある事と思います!
非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。