スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形鉄道 ローカルレトロな駅舎~西大塚駅・羽前成田駅

山形県南陽市の赤湯駅から、長井市を経由して白鷹町の荒砥駅に至る、
全長30.5kmの山形鉄道

大正12年に全線開業。昭和62年に国鉄からJR東日本へ引き継がれた
長井線ですが、昭和63年に第3セクター鉄道へ転換し現在に至ります。
本来は、荒砥から北へ延伸し、左沢(あてらざわ)線の左沢と繋がる予定
でしたが、実現しませんでした。

2004年に公開された映画「スウィングガールズ」は、沿線でロケが行わ
れ、山形鉄道も登場し有名になりました。

山形鉄道西大塚駅1 YR-880形

沿線に花の名所が多いことから「フラワー長井線」という名称が付けられ
ており、名称通り沿線には桜の名所も点在しております。
「置賜さくら回廊」としてPRされている置賜地方の桜を、4月下旬のGWに
見に行って来ました(^^)

ですが、今は梅雨の最中で、とても桜を見る雰囲気でも無いと思いまして・・・
桜の様子は来春に紹介しようと思います^^;;;
ですので・・・今回は、大正時代から使われ続けている山形鉄道のレトロな
駅をご紹介致します。


~西大塚駅~

山形鉄道西大塚駅2駅舎

大正3年に開業した「西大塚駅」。
部分的に改良はしていますが、基本的に大正時代から使われ続けている
木造駅舎です。

木板の壁、木枠の窓に煙突まで。。。レトロな佇まいです。


山形鉄道西大塚駅3駅舎

ホーム側から見た駅舎。
屋根を良く見ると、トタンの模様が半分から異なっていて、妙に味のある建物
です。何故こうなっているのか・・・経緯や理由は分かりません。

ホームも、下部の石積みと上部のコンクリートで見た目が異なります。
最初は軽便鉄道で開通し(石積み)、その後コンクリート部分をかさ上げしたと
思われます。


山形鉄道西大塚駅4駅名標

満開の桜をバックに、西大塚駅の駅名標です。


山形鉄道西大塚駅5ツアー客

こんな田舎の駅に、ツアー旅行のバスがやって来て・・・
沢山の旅行者が駅へ入って行きます^^;
最近は、こうしたローカル鉄道も絶好の旅行ネタになっている様です。
今では珍しくなった木造駅舎を、皆さん写真撮っていました。


山形鉄道西大塚駅6列車到着

駅に列車がやって来ました。
関東から来たツアー客は、列車に乗車し次の桜の名所までローカル線を体験
との事でした。
経営が厳しいローカル鉄道にとって、団体客はきっと有難いお客様ですね^^




~羽前成田駅~

山形鉄道羽前成田駅1駅舎

大正11年に開業した「羽前大塚駅」。
こちらも昔懐かしい佇まいで、小さい駅ながら存在感があります。

以前の改良で、外壁がトタンに、窓がアルミサッシになりましたが、再度リフォーム
され、板敷の壁に木枠の窓に復元されて、大正時代の面影が戻りました。


山形鉄道羽前成田駅2駅舎内

今ではほとんど見られなくなった、出札窓口や手荷物扱い口がそのまま残ってい
ます。
「きっぷうりば」や「手荷物」の表示、上に貼られた「運賃表」は国鉄時代のもので、
鉄道ファン必見の、とても懐かしいアイテムです。


山形鉄道羽前成田駅3駅舎内

待合室には「囲炉裏」が設置されて、ほっこりする空間です(*´∀`*)


山形鉄道羽前成田駅4ホーム

ホームに面する風除室も、木の柱や漆喰の壁が良い雰囲気です。
国鉄時代の駅名標も残され、昭和に戻ったかの様な雰囲気です。


山形鉄道羽前成田駅5ホーム

羽前成田駅の駅前には、桜の木が並んでいて満開となっていました。
静かなローカル駅。。。春の昼下がりの光景です。


山形鉄道羽前成田駅6列車到着

羽前成田駅に列車が到着しました。。。
歳を取って来たせいでしょうか、こうしたローカル鉄道はとても魅力的に感じます。




桜と列車を一緒に撮影したくて、ネットで桜の木がある駅を事前に調べて出掛けま
した。昔ながらの木造駅舎は、山形鉄道内でもほとんど無くなっているのですが、
今回は偶然にも木造駅舎を訪問する事ができ、こうしてご紹介できました。

大正時代から残る駅舎は、当時を知る方は当然懐かしい光景ですし、自分の様な
知らない世代でも懐かしい気持ちになるのは不思議です。
たまには、こうした~昔から走り続ける田舎のローカル線を訪ねるのも、ゆったり
落ち着いた気持ちになれるのでお勧めです(^^)

山形鉄道株式会社 フラワー長井線 公式サイト

☆山形鉄道の起点:南陽市☆赤湯温泉の温泉宿一覧はこちら

山形鉄道も登場する映画「スウィングガールズ」


宮内駅の名物動物「うさぎ駅長もっちぃ」の本もあります。


山形鉄道YR-880形の1/150模型(トミーテック 鉄道コレクション)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

Comment

No title

お変わりなくお過ごしでしょうか。

カラフルな電車ですね^^
西大塚駅舎は、私が子供の頃の、ふるさとの駅に似ています。
今は味気ない駅になってしまいましたが。
こんな駅だと、「待って~~~」と言えば、待ってくれそう♪♪

国鉄 専売公社  62円切手の時代。
もし戻れたとしたら、私は何歳なのでしょう?

なかなか復活できずにいますが、身体だけは元気です(^^;

No title

こんにちは^^
鉄道ファンにはたまらなそうな
車両&駅舎ですね~!
やはり田舎では1or2車両が
標準なので、なんだか親しみを
感じました^^

コメントありがとうございます

>ネイビーminiさん

ご無沙汰しております、お待ちしておりました^^
国鉄の地方の駅は、こんな感じの駅舎が普通だったと思いますが、
老朽化や効率化、駅員無人化等々、理由は色々あるかと思いますが
あまり見られなくなりました・・・残る駅舎は、今や貴重な存在ですね。。。
>「待って~~~」と言えば、待ってくれそう♪♪
確かにそうですね(笑)


>テン3さん

特に羽前成田駅は、国鉄時代の看板や駅名標が取り付けてあるので、
国鉄時代が好きな方にはお勧めの駅です^^
山形鉄道の車両は、平成直前生まれのカラフルな列車なのですが、
妙に古い駅舎とも合ってしまうのが不思議です。

木造駅舎、良いですね!

私も木造駅舎が好きです。
とは言っても鉄チャンではないので詳しい事は分からず、単に郷愁を感じさせてくれるあの雰囲気が好きなんです。おまけに桜が一緒となればなお更です。

観光バスで来て短い区間だけでも乗車するというプランは良いですね。
そうする事で少しでも収益に協力してくれる姿勢というのは嬉しいですね。
個人だとなかなかですが旅行会社だと結構な数にできそうで、是非多くの会社が取り入れて欲しいプランです。

自由人さん

神社や寺院等もそうですが、古い木造建築は趣むきがあって、ずっと見ていても
何故か飽きませんね。。。古い駅舎も味があって見飽きません^^
列車と駅舎と桜を何とか写真1枚に収めるべく頑張ってみましたが、なかなか上手く
いきませんでした・・・欲張りすぎました(汗)

団体ツアーの利用は、ローカル線にとっては貴重な収入源となるでしょうね!
単行が多い山形鉄道も、この日は3両編成!で走っていました。
都会の方が、ローカル列車や駅を体験できるのも、大変魅力的だと思います。
通勤電車とは違う鉄道の表情?に気付いてくれるかも知れません。
非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。