蔵王温泉 立ち寄り湯~源七露天の湯

山形県山形市、蔵王連峰の中腹(標高900m)にある蔵王温泉
源泉が多数あり、強酸性の泉質が特徴の温泉郷です。

共同浴場が3件、立ち寄り温泉施設も複数あり、立ち寄り湯好きには
たまらない温泉です^^
その中から、今回は源七露天の湯へ入って来ました。

蔵王温泉源七露天の湯1外観

山小屋風で、落ち着いた外観の立ち寄り温泉です。
30台程度の広い駐車場があります。


蔵王温泉源七露天の湯2受付

建物に入ると、左手にフロントがあり、券売機で入浴券を購入して手渡
します。浴場にはロッカーが無いので、貴重品はフロントに預けます。
フロントの奥に、暖簾が掛かった浴場の入口があります。


蔵王温泉源七露天の湯3ロビー

フロント前には、椅子が並んだ休憩スペースがあります。
ビールや飲料の自販機が設置されています。


蔵王温泉源七露天の湯4浴場入口階段

暖簾をくぐると、浴場は1階下がるらしく階段を降ります。
戸の先の下駄箱に靴を入れ、脱衣所へ入ります。


蔵王温泉源七露天の湯5脱衣所洗面台

脱衣所には洗面所があります。ドライヤーはフロントから借ります。

蔵王温泉源七露天の湯6脱衣所

カゴが沢山並んだ脱衣所。


蔵王温泉源七露天の湯7内湯

内湯は檜風呂。内装も全て木製なので、古い建物では無いのでしょうが
風情があって落ち着く浴場です。
浴槽側には、露天風呂を見渡す大きい窓があって開放感があり、黄色い
ケロリン桶が積まれています。

お湯は、わずかに白濁していますがほとんど透明で、ほのかに硫黄臭が
漂い、湯花も多少浮いています。
少し熱めの気持ち良いお湯で、思わず長居してしまいますが~強酸性の
硫黄泉なのでハードな温泉です。

 ・肌を強くさすらないで下さい。
 ・入浴後はシャワーで流すことをお勧めします。
と、注意書きも掲示されています。

蔵王温泉源七露天の湯8シャワー

内湯の壁側には、カーテンで仕切られたシャワーが設置されています。
シャンプー等の石鹸類は置かれていないので、持参するかフロントで購入
(100円)します。


蔵王温泉源七露天の湯9露天風呂

内湯の外側には、2つの浴槽に分かれた露天風呂があります。
手前が温めのお湯で、奥は内湯と同じ少し熱めのお湯になっています。

浴槽が白く見えるのは、お湯ではなく底などに付着した成分のせいです。
これは、有名な蔵王大露天風呂と同じ感じですが、それもそのはず~源七
露天の湯は蔵王大露天風呂のすぐ下流にあるのです。

蔵王温泉源七露天の湯10温泉表示

お湯は、もちろん源泉掛け流し!
源泉温度が42.7℃ですので、温度が下がってしまう冬期は加温されます。

有名なので混雑気味の・・・蔵王大露天風呂を避けて、同じ渓流の下流で、
同じお湯に入れる源七露天の湯。
今回はGWの日中に行ったのですが、最初は誰もいなくて貸切状態だった
ほど空いていて、とてもゆっくりできるお勧めの立ち寄り湯です(^^)

~蔵王温泉 源七露天の湯~

 ・営業時間 : 9:00~21:00
 ・定休日  :  通年営業(但し、水曜日午前中は休み)
 ・入浴料金 :  大人450円・小人250円
 ・泉質 : 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
 ・効能 : きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・糖尿病・
        高血圧症・動脈硬化症・健康増進

 > 蔵王温泉商店会 源七露天の湯



蔵王温泉源七露天の湯11道順

蔵王温泉のメイン通りである、県道21号(樹氷通り)より、大露天風呂の看板
に沿って行きます。

蔵王温泉源七露天の湯12道順入口

車のすれ違いが難しいほど道が細くなり、曲がりくねった坂道を上りますが…
距離はそれほどありませんので、ひるまずに進んで行きます(汗)
曲がりくねった山道の途中に、大きな看板がありますので、すぐ分かります。

△以前掲載しました蔵王温泉関連の記事はこちら。
 > 蔵王温泉を歩き回ってみました~須川温泉神社まで
 > 蔵王温泉の共同浴場・立ち寄り湯を一気に紹介です
 > 蔵王温泉で一番有名な温泉 蔵王大露天風呂

 > 蔵王温泉観光協会
 > ☆蔵王温泉~温泉宿の一覧はこちらから

蔵王温泉の湯の花を団子状に固めた、天然素材の入浴剤です。
家庭のお風呂で、蔵王温泉を再現できます!

※強酸性のお湯ですので、金属・ホーロー浴槽では使用できません。
 入浴後は、浴槽や排水溝を水できちんと洗い流して下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

Comment

No title

蔵王温泉、薄いブルーの湯が良いですね。また他にも良い湯があるようで・・・。

東北には良い温泉が沢山あるようで、旅を終えてから「あの時通り過ぎたあそこだったんだ」「気にはしながら何故寄らなかった・・・」と悔しい思いの場所が幾つも出て来ています。

そんな場所や雪で行けなかった所、新たに知った魅力的な所などを網羅して、「いつの日にか、もう一度旅に出よう」という夢を抱いてます。

自由人さん

>「いつの日にか、もう一度旅に出よう」という夢を抱いてます。
是非とも叶えて下さい~お待ち申し上げております^^

こちらも、いつも九州の景色を拝見し、行ってみたいと思わされておりますw
別府や湯布院をはじめとして、温泉も大変魅力です!

No title

こんばんは^^
昔ながらの温泉という感じで
いい味が出ている気がしますね~
温泉の色もまた少し濁りで
効能もありそうです^^
ただ、硫黄泉ですと、長々と浸かって
いるのは厳しそうですね・・・(^^;

テン3さん

内湯も露天も、風情があってなかなか良い立ち寄り湯でした。
空いていましたし、ゆっくり休憩できる場所があれば最高でしょう。

ご指摘の通り、泉質はハードですので、肌の弱い方等は避けた方が
良さそうです。長湯もほどほどに楽しみたい温泉です^^
非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ