スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津鉄道 湯野上温泉駅 ~茅葺き屋根に癒される素朴な駅

会津鉄道の駅である湯野上温泉駅は、全国的にも非常に珍しい
茅葺き屋根の駅舎です。
素朴で旅情ある「湯野上(ゆのかみ)温泉駅」をご紹介致します。

湯野上温泉駅2014_1駅舎全景

福島県下郷町~会津の深い山々に囲まれた茅葺き屋根の湯野上温泉駅。
周りの風景にも負けないくらい、素朴で風格ある佇まいの駅。。。ひと目で
虜になります(汗)

湯野上温泉駅2014_2駅舎入口

茅葺き屋根の軒下は、駅の入口とは思えない落ち着き感に満ちています。
設置されているベンチに腰掛ければ、普段の生活を忘れてしまいそうな感じ。
何げに、昔の赤いポストも立っています。

湯野上温泉駅2014_3駅舎内改札口

駅の改札口です。右側に切符売り場の窓口があります。
日中のみ、委託の駅員さんがいます。

湯野上温泉駅2014_4駅舎内囲炉裏

待合室には板張りの小上がりに囲炉裏もあり、火が炊かれる日もあります。
暖房や雰囲気作りだけではなく、茅葺き屋根に集まる虫を煙で追い払うという
大事な役目がある為です。

まるで古民家の様な待合室で、お茶(無料)や甘酒・コーヒー(有料)を頂く事も
できます。

湯野上温泉駅2014_5駅舎内売店

駅舎内には、土産処でもある売店もあり、なかなかの品揃えです。

湯野上温泉駅2014_6構内ホーム1番線

ホームは2本あり交互にズレた配置となっています。
手前が1番線(鬼怒川・会津田島方面)、奥が2番線(会津若松方面)です。
白漆喰の壁に茅葺き屋根の駅舎だからでしょうか、無機質なコンクリートの
ホームも素朴に見えます。

湯野上温泉駅2014_7構内ホーム2番線

2番線から見た駅舎。立派な茅葺き屋根ですね~。

元々、国鉄「会津線」の駅として昭和7年に開業した「湯野上駅」、現在とは
異なってトタン屋根の駅舎でした。
昭和62年に第三セクターへ転換され会津鉄道となった際に、駅名を湯野上
温泉駅に改称し、最寄りの観光地である大内宿に合わせて茅葺き屋根に
改修し、国内唯一(当時)となる茅葺き屋根の駅舎が誕生したのです。

湯野上温泉駅2014_8構内全景

2番線の奥から~湯野上温泉駅の構内を見てみると、駅舎が遠くに見えます^^;
1番線と2番線の間は構内踏切を渡ります。田舎ではお決まりのパターンです。
ホームの脇には桜の木が並んでおりまして、春には美しい桜に包まれます。

湯野上温泉駅2014_9AT-650形快速AIZU尾瀬エクスプレス

湯野上温泉駅に、快速AIZU尾瀬エクスプレス(AT-650形)がやって来ました。
お盆で観光客が多く、いつもの2両編成が3両編成になっておりました。
(注意:訪問したのは、2014年8月15日です・・・2年前のネタでスミマセン^^;)

湯野上温泉駅2014_10AT-650形快速AIZU尾瀬エクスプレス

ローカル列車と茅葺き屋根の駅舎、スバラシイ組み合わせですね~。
これが国鉄時代の車両(クリーム色とオレンジ色のツートンカラー)だったら、
鉄の人は興奮間違い無し。蒸気機関車だったら倒れてしまいますw

湯野上温泉駅2014_11AT-750形快速AIZUマウントエクスプレス

会津若松へ向けて出発した、快速AIZUマウントエクスプレス(AT-750形)。
一部の列車は喜多方や東武日光まで遠征しちゃいます。
自分は、新幹線なんかより・・・こういったローカル列車の方が大好物です。
ひ弱な線路を見ると、可哀想な姿に萌える訳です。

湯野上温泉駅2014_12入場券

列車に乗らないのにホームへ入る、自分の様なバカは「入場券」を購入します。
湯野上温泉駅の入場券は、写真の様に~桜満開湯野上温泉駅の絵が書かれた
「栞」タイプと、今ではまずお目に掛かれない昔懐かしい「硬券(厚紙)」タイプが
あり、好きな方を選べます。ちょっとした訪問記念になると思います。

湯野上温泉駅2014_13足湯 親子地蔵の湯

ホームから~ふと見ると、たくさん人が群がっている所を発見。

湯野上温泉駅2014_14足湯 親子地蔵の湯

湯野上温泉駅には足湯があるのです!それで人が集まっていた訳です。
その名も「親子地蔵の湯」。元々あった親子地蔵を足湯建物内に安置したのが
名前の由来です。以前来た時には駐車場だったのですが・・・ね。
往来する列車を見ながら(1時間に1往復しか来ませんが)、ゆっくり足湯に入れる
訳です。
「足湯に入ると、お風呂に入りたくなっちゃう♪」と言う方も、安心して下さい!
駅周辺には、立ち寄り湯できる温泉宿が何件もありますからっ。

~~~

茅葺き屋根の湯野上温泉駅は、素朴で風情あるスポットなので、列車を利用
する方だけではなく、観光客も結構訪れる名物駅となりました。
ですので、車やバイクで立ち寄る方も多いです。

湯野上温泉駅2014_15国道121号線案内板

国道121号線に、湯野上温泉駅へ曲がる案内標識が設置されていますので
分かりやすいです。
信号交差点を曲がり、すぐ踏切を渡って左折します。

湯野上温泉駅2014_16駐車場入口

駅前の集落を進むと(道狭いです)、「湯野上温泉 駐車場」の案内板があります
ので、迷わずに訪問できます。
乗用車15台程の駐車場は、湯野上温泉駅の隣なので便利です。

湯野上温泉駅2014_17猿遊号バス停

ちなみに湯野上温泉駅は、茅葺き屋根の町並みで有名な「大内宿」の最寄駅です。
最寄駅と言っても、5.5kmも離れているので歩いては行けませんけど・・・。
そこで、タクシー会社が運行する「猿遊号」と言うバスに乗って行く事になります。
大内宿行き「猿遊号」のバス停は、駐車場にあります。

駅ではありますが、茅葺き屋根の湯野上温泉駅は、周りの深い山々とも相まって、
素朴でどこか落ち着く異心地の良いスポットです。
会津の大内宿へお越しの際は、是非とも立ち寄ってみて下さい(^^)

> 湯野上温泉駅(会津鉄道公式サイト)
> 猿遊号バス(広田タクシー公式サイト)
> 湯野上温泉の温泉宿一覧はこちら

以前(2011年)に湯野上温泉駅を訪問した時の過去記事です。
> 会津鉄道 茅葺き屋根の湯野上温泉駅を訪問



(残念?なご報告)
湯野上温泉駅は、日本唯一の茅葺き屋根の駅舎!として有名な駅でした。
ところが・・・もう一箇所、茅葺き屋根の駅が出来てしまったのです。

湯野上温泉駅2014_18豊後中村駅wikimedia commons
※画像はwikimedia commonsより

温泉で有名な湯布院も通る~JR久大本線の「豊後中村駅」(大分県九重町)です。
同じ茅葺き屋根ながら、東北と九州では形状がまったく違いますね、興味深いです。


癒し系カプセルトイ「コップのフチ子」が、全国の温泉を紹介するDVD.
「温泉のフチ子 Vol.2」湯野上温泉も収録されています。


ドールハウスのミニチュアキット「大内宿のおそば屋さん」


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

Comment

No title

こういう駅があることすら知りませんでした。
それも東北に、ってのがうれしいです。
また似合いそうな電車が走ってるじゃないですか(笑)

九州にもできちゃた、とありますが
ほんとに地域によって茅葺きってちがうんですね。
やっぱり雪、でしょうか。

ぴよ社長さん

こんばんは。

昭和末期に建てられた、茅葺き屋根としては比較的新しい建物ですが、
とっても良い雰囲気で、行って損はしないと思います!
大内宿へ行く際は、是非とも寄って見て下さい^^

豊後中村駅茅葺き屋根は、切妻で軒下が浅く、南欧の家の屋根みたいですね。
やっぱり雪が関係しているのでしょうか。。。しかも、南会津は1m以上雪が積もる
豪雪地です^^;

No title

右肩さん、こんばんは(#^.^#)

湯上温泉駅、なんとも美しい藁葺き屋根ですね(^ ^)
しみじみと見入ってしまいます〜。
あえて維持の大変な藁葺き屋根にしたのは随分思い切ったことだと思います。
ホームの足湯にトドメをさされましたね〜。
これはぜひ訪れてみたいです♫

はなみづきさん

こんばんは。

>あえて維持の大変な藁葺き屋根にしたのは随分思い切ったことだと思います。

確かに、そう言われれば思い切った決断です。
地方のローカル線は、人口現象や車の普及等々、利用者の減少が進み厳しい状況です。
地元の方の利用が増えないのであれば、他から来てもらうしかありません。
そう言った事情で、最近は凝った観光列車が多く登場し、観光客を集める工夫をしています。

列車ではなく、駅を名物として作り上げたのが湯野上温泉駅だと思います。
経費の掛かる茅葺き屋根ですが、有名になって多くの方が訪れる様になったので、結果と
しては良いパターンになったと思われます。

駅舎も周辺も~素朴な田舎を満喫でき落ち着きます。
足湯もありますし、温泉も周りにありますし、疲れを取るには良い所です^^

No title

こんばんは^^
茅葺屋根の駅というのはとても
珍しいといいますか、初めて見ました!
面白い駅があるのですね~。
駅の中も昭和レトロな感じで、
懐かしさを感じられそうですね^^

No title

「湯野上温泉駅」、いいですよね。
何故に茅葺って疑問のままだったんですが、大内宿の絡みだったんですね。納得しました。

私が訪ねたときは無人でしたが囲炉裏に火が入っていて、「茅葺の駅舎だけでも珍しいのに囲炉裏まで・・・」と深く印象に残りました。でもそれは茅葺を維持するために欠かせないものだったんですね。こちらも納得です。
それもこれも右肩さんのお陰です。ありがとうございました。

テン3さん

こんばんは。

茅葺き屋根の駅舎は、全国に2箇所しかないので、非常に希少な存在です。
しかも、駅舎ながらも茅葺き屋根の住宅の様な落ち着いた佇まいですので、
機会がありましたら訪問をお勧めしたいスポットです。

鉄道に興味のない方でも、レトロ感は十分感じられますので、見所あると思います。
足湯もありますし^^

自由人さん

こんばんは。

東北を巡られた際に、湯野上温泉駅も寄ったのですね。
囲炉裏の火が焚かれていたのですか!
自分は2回訪問しましたが、火が焚かれていた事はありません・・・
しかも、いつも雨なんですよね・・・泣

大分県にも、茅葺き屋根の駅舎「豊後中村駅」があるとの事ですので、
今度ぜひ、自由人さんのブログで紹介して頂きたいです!宜しくお願い致します^^

熊本を中心とした地震で、連日大変な様子を拝見しております。
自由人さんのいらっしゃる鹿児島は大丈夫でしょうか?
どうぞ、お気を付けてお過ごし下さいませ。
非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。