スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂鉄道レールパーク 鉄道博物館になった旧小坂駅

十和田湖にも面する秋田県小坂町は、鉱山で栄えた町でもあります。

大量の鉱物を輸送する為に、小坂から大館(奥羽本線)まで鉄道が開通
します(明治41年)。翌年には旅客営業も始まりました。
やがて鉱山資源が枯渇し閉山すると、小坂鉄道も廃止に(平成21年)。

廃線となった旧小坂駅を、観光スポットとして再整備し活性化を図るべく
オープンしたのが「小坂鉄道レールパーク」です。

小坂鉄道レールパーク1駅舎

白く塗られた壁が小奇麗ですが、旅客営業が始まった明治42年に建て
られた旧小坂駅(国登録有形文化財)です。
木板の壁、木枠の戸、裸電球。。。明らかに現在の建築物ではありません。
この懐かしい駅舎が、小坂鉄道レールパークの入口となります。

小坂鉄道レールパーク2駅舎内

駅舎内も明治レトロな空間で、どこか落ち着く雰囲気です。
元は切符売場だった正面の窓口で入園料を払って入場します。
窓口の上には、黒板に手書きされた時刻表や運賃表があり、昭和時代を
再現しています。

小坂鉄道レールパーク3構内

駅舎からホームへ出ると、線路が何本も並んだ広い構内を見渡せます。
最盛期には、ここを埋め尽くすほど貨車が並んで賑わった事でしょう。
賑わった頃を想像して、活気に満ちた昭和を感じるのが、遺構の美味しい
味わい方です(笑)

小坂鉄道レールパーク4構内

線路側から見た、駅舎とホーム。
切妻の三角屋根が特徴の、落ち着いた佇まいの駅舎です。

小坂鉄道レールパーク5 11号蒸気機関車_貴賓客車ハ

ホームの奥には、大正15年に導入された11号蒸気機関車と、大正5年に
一般客車として製造された後に、改造されて貴賓客車となったハ1貴賓客車
大正10年に、秩父宮・高松宮両殿下が乗車されています。
両方ともに、県有形文化財に指定されています。

小坂鉄道レールパーク6機関車庫

駅舎の向かい側には、昭和37年に建築された機関車庫が建っています。
車両を整備する工場の役割も担っていました(国登録有形文化財)。

小坂鉄道レールパーク7機関車DD13

体育館の様に広い機関車庫の中には、小坂鉄道で主力だった機関車がいます。
左側の機関車は、岡山県の片上鉄道から昭和53年に移ってきたDD13機関車
右側の赤い機関車が、主力であったDD130機関車で、昭和42~43年にかけて
3両が新造されました。
尚、DD130機関車は体験運転ができます(要予約)。

小坂鉄道レールパーク9エンジンピストン比較

機関車の横には、予備のエンジンや部品、線路施設等が展示されています。
写真はエンジン内のピストンで、右側が自動車のもので、左側が機関車のもの。
その違いすぎる大きさから、機関車のエンジンがいかに大きくてパワーがあるか
ご想像頂けるのではないでしょうか。

小坂鉄道レールパーク8エボルタ電池電車

これは見覚えのある方もいらっしゃると思います。。。エボルタ電池電車
乾電池のテレビCMで「乾電池で電車は走るか?!」で登場したあの電車です。
今では、秋田の山奥の車庫でひっそりと暮らしております(笑)

小坂鉄道レールパーク10資料展示室

機関車庫内には、当時の運行管理室を模した資料展示室もあります。
ダイヤル式の黒電話とか、懐かしいモノもあります。

小坂鉄道レールパーク11レールバイク・観光トロッコ

気軽に体験できるアクティビティもあります。
写真手前がレールバイク。1~4名乗りで、自転車の様にペダルを漕いで走ります。
写真奥が観光トロッコ。黄色い保線用モーターカーでオープンなトロッコ車両を引っ
張ります。

小坂鉄道レールパーク12ブルートレインあけぼの

そして、今一番注目されているのが、2015年に登場したブルートレインです!
上野~秋田・青森を走っていた「寝台特急あけぼの」の寝台車両が4両あります。
昼は展示車両として(B寝台車は車内も見学できます)、夜は列車ホテルとなって
宿泊できるのですっ!
この、ブルートレインの宿泊記を次回UPしたいと思っています。

ちなみに、「たびねす」では記事をすでに書いておりました^^;よろしければどうぞ。
列車ホテル「ブルートレインあけぼの」で夜汽車の旅情を満喫!秋田・小坂鉄道レールパーク

小坂鉄道レールパークの詳細につきましては、以下の公式サイトをどうぞ。
小坂駅構内まるごとミュージアム 小坂鉄道レールパーク



小坂鉄道の現役時代が記録された本です。




スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

Comment

No title

こんにちは。
仕事でここをちょこっと紹介するパンフを作ったときがあって
ここ、どんなところなんだろう?と思ってたんですよ。
ブルートレインに泊まれるってすごいですね!
たびねすも拝見しました^^
乗れなかった人も、また乗りたい人にも。

No title

小坂という地名と大まかな場所の記憶はあったんですが、十和田湖へのアクセスポイントになった交差点付近の風景しか覚えてません。そこにそんな施設があるんですね。

「たびねす」、拝見しました。
鉄道の知識は何もありませんが、以前にも触れた様に寝台列車には思い出があり懐かしく思います。そんなブルートレインに宿泊するのも良さそうですね。いつか機会があれば実現してみたいものです。

ぴよ社長さん

こんばんは。

小坂鉄道レールパークを紹介するパンフレットを作成したのですか?!
ぴよ社長さんは、どんな仕事をされているのか、いつも興味ありました。
フリーランス?で生活されている様でしたので、スゴいと思います^^

ここは、廃止になった地方の小さな私鉄が保存されている場所です。
鉄道が好きでなければ、楽しい場所では無いと思います(汗)
ブルートレインあけぼのについては、次回詳しく書きたいと思っております。

自由人さん

こんばんは。

十和田湖から、高速道路から一番近くて道路が良いのが小坂ルートですので、
十和田湖へ行く際に通られたと思います。

小坂ICから十和田湖へ向かう県道「樹海ライン」沿いに、この小坂鉄道レールパークが
あります。今では案内標識もあります。

寝台列車に乗った事がある方は、ブルートレインを見たら懐かしい事でしょうね。
車内に入れば、もっと懐かしい事になりますので、お勧め致します^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは^^
まさに昭和レトロな施設が現在もそのまま
残されている感じがありますね~。
小坂町は鉱山で栄えた町ですが、当時の
町の様子は今の状況とはくらべものに
ならないくらいすごかったでしょうね^^
一度でいいのでタイムスリップして
当時の様子を見てみたい気もします。。

テン3さん

こんばんは。

小坂町は、鉱山でだいぶ栄えた様です。
立派な芝居小屋や事務所の洋館が残っていて、今では観光スポットになっています。
(そちらには行っていないのですが・・・)
小坂鉄道レールパークも、そんな産業遺産のひとつです。

No title

>。。。エボルタ電池電車。

可愛い、懐かしいですねww
再会できて感激です。
記事をありがとうございます。ww

訪問ありがとうございました。
また来ますね。応援して帰ります。ポチ☆彡☆彡☆彡

雫さん

こんにちは。

エボルタ電池電車。CM撮影後に解体されたと思っていたら
こんな所でひっそり保存されていました。
電池をぎっちり積めば、まだ走れる様です(以前イベントで走った様です)。
何本電池を使うか分かりませんが・・・^^;

非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。