スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花見2017 花見山公園~評判通り本当に桃源郷でした

福島県福島市の花見山公園は、三春滝桜と共に福島県を代表する
桜の名所です。

行ってみたいと思っていながら、これまで実現しておりませんでしたが・・・
自分の中で「今シーズン、桜を見に行く第一優先候補地」に指定(笑)
桜の見頃と天気と休日が揃ったので、初めて行って来ました。

GWも過ぎた今日この頃、季節ちょっとズレますが・・・桜名所を紹介します。
※写真は、2017.4.15(土)撮影です。

福島花見山1全景

花見山公園がある渡利地区に到着すると、集落はもちろん周りの山々が、
桜をはじめとした様々な花に覆われているではないですか!

写真家の故・秋山庄太郎が「福島に桃源郷あり」と紹介して全国に知られる
様になったそうですが、まさに桃源郷の言葉がピッタリの風景が広がって
いました。

写真の写りが悪くて恐縮ですが、左奥の山が花見山公園です。
花見山公園だけが見所なのかと思っていましたが、集落全体が花に覆われて
いて予想外に驚きました。
「花見山」と言えば、花見山公園をはじめ、この美しい集落全体を指します。

福島花見山2案内板

花見山の案内図です(クリックで拡大)。
スタート地点となる「観光案内所 花見山本部」から花見山公園へ入るには
少し距離があり、ウォーキングトレイルと呼ばれる遊歩道を進みます。
花見山公園に入ると、どこまで山を登るかにより、30分・45分・60分コース
の3コースから選んで散策する事になります。

福島花見山3ウォーキングトレイル

看板に従って、まずは舗装されたウォーキングトレイルを進み、花見山公園へ
向かいます。

福島花見山4ウォーキングトレイル

ウォーキングトレイル沿いにも、きれいな花々が咲き誇っています。

福島花見山5

花木生産農家が集まる集落ですので、春は色々な花が咲きまくります。

これらは出荷する為に育てられている商品ですので、剪定等を行って花が多く
咲く様に管理されており、自然の花木よりも花が密集して多く咲きます。
さらに、花木への日照時間が多くなるように傾斜地にも多く植えられ、重ならない
ように少しづつズラしてあります。
こうした生産上の都合による結果、集落内をはじめ周りの山々が花で覆われ、
しかも花の密集度が高い、独特の美しい風景が形成されました。

福島花見山6

美しい光景が見れる所には「ビューポイント」という看板が設置されています。
この表示の所で写真を撮って回れば、間違いなく良い記録が取れますね^^

福島花見山7

花木が植えられているのは畑であり私有地となるので、立ち入り禁止です。
ですので、レジャーシートを広げての花見は出来ず、ライトアップも行われ
ません。
桃源郷の中を散策して楽しむのが、花見山です。

福島花見山8

花見山公園前観光案内所(ログハウス)付近まで進むと、菜の花が広がる所に
出ます。

福島花見山9

ここは、花見山公園へ入る前のエリアで、一番人気の撮影スポットです。
黄色い菜の花畑のバックに、ピンクの桜や桃が一面に咲き、巨大なハクモクレンが
シンボルツリーの様に白一点で目を引く絶景です。

福島花見山10

小川(鈴ヶ入川)を覆う様に咲く桜。

福島花見山11

所々に、売店休憩所があり、綺麗な景色を眺めながら足を休める事ができます。
桜の苗木も並んでいて、ついつい買ってしまいそう。

福島花見山12花見山公園入口

そして。。。花見山公園の入口に到着します。
すでに花に覆われた景色を堪能した感がありますが、公園はここからです。

ちなみに花見山公園は、花木生産農家である阿部家の所有地です。

大正15年に養蚕農家の副業として花木を植え始め、昭和10年に養蚕をやめて
自宅前の雑木山(現在の花見山)を開墾し本格的に花木を植えはじめます。
十数年以上花木を植え続けた結果、山が花で覆われる様になり、山を見に来る
人が訪れる様になりました。
そこで、昭和34年「花を見る山(花見山公園)」として無料開放し現在に至ります。

福島花見山13

未舗装の散策路を登って行きます。
花見山公園は、30分・45分・60分の3コースがあり、案内板が設置されています。
60分コースを進むと、頂上まで行けます。

福島花見山14

最初は花があまり咲いていない中を進むので「こんなものなの?」と思いましたが、
進むごとに花木が増えていき見応えが出てきます。
途中で見下ろすと、手前から向かいの山まで桜に覆われている光景を見れました。

福島花見山15

ハート型に咲く菜の花を発見!
注目度抜群です、植えた方ナイスです。

福島花見山16

花木を育てる農園なので、立ち入りできない道もたくさんあります。
ちょっと覗いてみると、きれいな光景が続いていました。

福島花見山17

花桃、ヒュウガミズキ、ソメイヨシノの共演。とてもカラフルです。

福島花見山18

現地で配布される、ガイドパンフレット(2017年版)の表紙の写真が撮影された
場所です。
手前で、その様にボランティアの方が案内していたので、ここは撮影する人で
混雑しておりました。人通りが減った一瞬になんとか撮影。

福島花見山19天の川

こちらも、レンギョウや花桃、アマノガワが咲いてカラフルなポイント。

福島花見山20

山の上の方に来ると、福島市街を見渡す事ができます。
手前の渡利地区(花見山)が、ひときわ花が多く咲いている様子が分かります。
朝は晴れていたのですが、徐々に雲に覆われて・・・遠く綺麗に見えるはずの
吾妻連峰は隠れてしまいました。

福島花見山21花見山頂上

花見山公園の頂上に到着です。
東屋やベンチが整備されています。
見える景色は、1枚前の写真と同じ様な感じです。晴れて、残雪で白い吾妻連峰
(標高2,000m級)が見渡せれば最高なのですが、雨が降りそうな黒い雲に覆われて
しまいまして・・・。

福島花見山22桜のトンネル

山を下る時の一番の見所「桜のトンネル」。

福島花見山23花の谷コース

花見山公園を出て、北側を回る「花の谷コース」へ向かいます。
パンフレットには、1周50分とあります。

福島花見山24花の谷コース

花の谷コースは、花木畑を眺めながら舗装された生活道路を歩きます。
前半はずっと坂道を登りますので疲れますが、人は少なく空いています。
花の谷コース最大の見所は、桜に覆われた花見山の山々を見渡せる事。
折り返し地点付近では、花見山の背後に吾妻連峰も見渡せるビューポイントが
あるのですが、ついに雨が降ってきて吾妻連峰は見えず><

福島花見山25花の谷コース

花見山公園から見下ろした、ハートの菜の花畑の横を通ります。
当然ですが、近くからでは菜の花がハート型に植えられているとは分かりません。

福島花見山26

花の谷コースも制覇し、スタート地点へ戻ります。
帰りも花木に囲まれて進みます。
黄色い菜の花畑の中に、ピンクの花桃が並んで、とても綺麗な所がありました。
この植え方はアイデア賞ですね!

福島花見山27売店

帰路の道路にも、売店や休み処が並んでいます。
休憩やお土産は、こちらでどうぞ。

~~~

桜シーズンの花見山へのアクセスについて、説明致します。

桜シーズンには24万人もの人出がある花見山は大変な混雑です。
ですので、渡利地区には沢山警備員が配置され、許可車両以外は車で一切
入れません。

車で行く場合は「あぶくま親水公園」が臨時駐車場となりますので、そこに駐車
します。



福島花見山28駐車場あぶくま親水公園

あぶくま親水公園・臨時駐車場(約1,000台)の様子。無料で駐車できます。
この駐車場は入るには、県道309号線一本しかありませんので、9:00を
過ぎると、駐車場空き待ちの車で渋滞します。

福島花見山29あぶくま親水公園シャトルバス

あぶくま親水公園から、シャトルバスに乗って花見山へ向かいます。
このシャトルバスへ乗る為に、500円の花見山環境整備協力金を支払います。

福島花見山30観光案内所シャトルバス

バスで約10分程度、花見山のスタート地点となる「観光案内所 花見山本部」に
到着します。
帰りは、ここでシャトルバスに乗り、あぶくま親水公園へ戻ります。

電車利用の場合、JR福島駅からシャトルバス(往復大人500円)で「観光案内所
花見山本部」へ来る事ができます。

福島花見山31観光案内所花見山本部

花見山観光の起点となる「観光案内所 花見山本部」の様子。

まさに桃源郷でした。写真では花がいっぱい咲いているだけに見えるかも
知れませんが、現地に行けば素晴らしさが分かります。
混雑しますが・・・一度は足を運んで頂きたい、お勧めの花見名所です。

アクセスや交通規制、開花状況等の詳細は、以下サイトよりご確認下さい。
 >福島市観光コンベンション協会 花見山特集

花見山公園を所有・管理している阿部家の公式サイト。
 >花見山公園 公式ホームページ

 >福島市内~飯坂温泉 温泉宿一覧はこちら
 >福島市内~土湯温泉 温泉宿一覧はこちら
 >福島市内~高湯温泉 温泉宿一覧はこちら







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

Comment

No title

あら〜!一番いいときに行かれたんですね。
この1週前に行ったらちょっと早かったんです^^;
「花木生産農家が集まる集落」だからこんなに花が〜
知りませんでした。
頂上からの眺めもいいですね^^b

ぴよ社長さん

こんばんは。

ぴよ社長さんのブログも参考に、予告通り行って来ました!
たぶん桜もちょうど見頃で、桜だけではなく色々な花が咲いて綺麗でした。
特に、濃いピンクの花を咲かせる花桃(やっと名前を覚えました)が良かったです。

ただ、春の気まぐれ天気には勝てませんでした。
朝は晴れていたのですが、曇って来て昼にはにわか雨まで降られました。
曇ってしまうと、花の写真写りは極端に悪くなりますから(泣)

No title

右肩さん、こんばんは(#^.^#)

花見山公園、素晴らしいの一言です\(^o^)/
大規模なので公設の公園だと思ったのですが、なんと農家の所有地なんですね。

満開見頃のベストタイミング!良い時に行かれましたね
公園に入る前の遊歩道や集落の畑も花がいっぱい♪
しかも花がまばらでなく、みっしり付いているのですごく鮮やか。

桜のピンクだけでも十分綺麗ですが、ハクモクレンの白やレンギョウの黄色が入っていると、よりピンクが引き立って綺麗ですね。
菜の花の巨大ハートも可愛らしいです。

こんな素敵な所があるなんて知りませんでした!
近くに住んでいたら毎年行ってしまうと思います。
伊豆からだとちょっと遠いけど、一度は頑張って見頃に行ってみたいです♪

No title

こんばんは^^

花見山は桜やその他色とりどりの花を
楽しむことができて、私もとても
好きなスポットです^^

一時期私有地で花の保護等もあり、
入れないこともありましたが、
やはり素晴らしいですね~。
来年出来れば行ってみたくなりました^^

はなみづきさん

こんばんは。

花見山は、はなみずきさんがご紹介されていた、愛知県新城市の「梅の里 川売」と
同じ様な感じだと思われます。
川売は梅の栽培、花見山は花木の栽培の集落で、結果桃源郷の様な光景になりました。
どちらも、生活に根ざしたある意味「自然」の風景ですので、公園とは違う美しさが
ありますね!
自分も初めて訪れましたが、予想以上の規模とカラフルな綺麗さに大満足です^^
ちょうど見頃に行けてラッキーでしたが、ちょっと天気には恵まれませんでした・・・。

テン3さん

こんばんは。

例年、白石川堤一目千本桜と花見山の見頃が重なるので、白石川堤へ足が向いて
しまっていましたが(汗)今年は花見山を選びました!

桜に覆われる名所も良いですが、様々な花が咲いてカラフルな光景も素晴らしい
ですね~。
花見山公園だけではなく、集落全体が花に覆われている光景も、想像以上の規模で、
何でもっと早く行かなかったのだろうと思いました。
非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。