スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻市日和山 海を眺望する鹿島御児神社

石巻市街の日和山(ひよりやま)に鎮座する「鹿島御児神社(かしまみこじんじゃ)」
紹介します。


石巻の日和山を訪問しましたが(前回の日記にて)、公園内に神社がありました。
それが鹿島御児神社です(行くまで知りませんでした^^;)。


日和山の展望台は、神社の鳥居もあり、神社の入り口でもありました。
展望台から、鳥居と神社の方を望みます。

石巻鹿島御児神社1


鳥居を通り、境内へ進みます。

写真手前に社務所(授与所)と車祓所、奥に拝殿が見えます。

石巻鹿島御児神社2


一番奥まで進むと、拝殿(本殿)があります。
赤い柱が印象的です。

石巻鹿島御児神社3


拝殿の扁額には「鹿嶋御子神社」と書かれていました…。

石巻鹿島御児神社4


伝承によると、関東の鹿島・香取の両神宮祖神の御裔神が、海路奥州(東北)へ
東夷征伐した際に石巻の沿岸に停泊し、錨を操作した際に石を巻上げたことから、
石巻という地名となったという。

この事から、この神社は石巻開拓の祖であるという説があります。


鹿島御児神社は、勝利の神として職業繁栄を守り、悪疫除けの神、安産の神、鬼門
除けの神、海上安全の守護神
として、信仰されています。



拝殿の左には天満宮があり、左側に愛宕神社と稲荷・八幡の合祀社殿があります。

石巻鹿島御児神社5


神社から鳥居を振り返ると、こんな感じです。

鳥居の先は太平洋で、海の神社!という感じですね~。

実際は、鳥居の先に参道があります(細く急な階段ですが…汗)。

石巻鹿島御児神社6



参拝者が多く訪れ、祭りの様に飾られていますが、それは訪れた1月7日は
「どんと祭」だった様です。

石巻鹿島御児神社7

どんと祭(※)は、小正月の前日の1月14日夕方から深夜にかけて行われる
のが普通だと思っていましたが、石巻地方では1月7日に行われるとの事。

地元の方に聞いてビックリしました。



※どんと祭とは?※

神社の境内で正月飾りを焼き、御神火にあたることで一年の無病息災・家内安全
を祈願する祭。

宮城県内各地の神社やお社で盛んに行われている行事。

小正月の前日である1月14日夕方から深夜にかけて行われるのが一般的。




鹿島御児神社の詳細は、以下公式サイトをどうぞ。

> 鹿島御児神社 公式サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Comment

非公開コメント

プロフィール

sendaidora

Author:sendaidora
ようこそ当ブログへ!右肩と申します。

お金も時間もありませんが、ドライブした
らとりあえずUPします。
なのでドライブの記録の装置という訳です


経済的自由を得て、好きな時に好きな所へ
ドライブできる様になりたいなぁぁぁ^^;

お気に入り
検索フォーム
ブログ内のレポートを検索! 「仙台」等の地名や「紅葉・パワースポット」等のキーワードで検索してみて下さい^^v
スポンサーリンク




---------------

ランキング
☆ドライブの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ



☆ツーリングの人気ブログを探そう!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


☆東北・宮城の人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



☆B級グルメの人気ブログを探そう!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
たびねす♪
たびねすバナー2
travel.jp[たびねす]
旅の専門家が、観光スポットや温泉、グルメ等を紹介する旅行ガイドのサイトです。

右肩も[たびねす]に寄稿しております。是非ともご覧下さい!
下の画面クリックで右肩の記事一覧へGo!
たびねす右肩画面1
最新記事
最新コメント
おすすめ情報
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。